肌に優しい

コンパクトミラーを持ちながらチークブラシでメイクする外国人女性

ファンデーションは、その人の肌の状態に合った商品を選ぶと良いといいます。
そして、明るいカラーのファンデーションを選ぶことが美肌に仕上がるポイントです。
絹のように透き通るような肌に仕上がると言われています。
ただし、首の色とあまりにも違うと不自然な仕上がりになってしまいます。
全体的なバランスを考えて選ぶようにします。
ファンデーションは、油性と水性のものがあります。
油性は水を弾き、汗をかいても落ちにくい性質をもっています。
水性は、汗で落ちてしまいますが、毛穴をふさがないのでニキビができにくいというメリットがあります。
ファンデーションは、ひとりひとり使用感の好みがあるそうです。
しっとりしたタイプやさっぱりしたタイプがあるので、肌に伸ばして試してみます。

ファンデーションには、さまざまな種類があります。
大きく分けるとリキットタイプとパウダータイプになります。
リキットタイプは、肌の角質をしっかり埋めるので、カバー力があります。
パウダータイプは密着し過ぎないので、軽く仕上がるという特徴があります。
そのほかにもクリームタイプやスティックタイプもあります。
クリームタイプは保湿性が非常に高く、乾燥してしまう人に最適です。
スティックタイプは、しっかりつくのでコンシーラーとしても利用できます。
どちらもそれぞれの良さがたくさんあり、デメリットも多少あります。
購入する前に必ずしっかり試すことです。
じっくり考えてから、使用感が良くて肌に合ったものを選ぶようにします。